赤いバラのお喋りブログ

日々の出来事、季節の移り変わりをちょこっと斜めにみながら、お得情報をお伝えしたいと思います。よろしくお願い致します。

秋の終わり・オジサンの検診・・・・そしてお雑煮

ヒタヒタと聴こえる冬の足音と、まだまだと頑張る秋の息遣いが交互に聴こえてきます。

このところ、雑用に追いまくられていて気持ちの余裕、ゆとりがなくただ、ただ時計の針とニラメッコの数日を過ごしています。

 

気付けば、柿の葉っぱが色付いたかと思うと、パタパタと落ち葉になってすでに変色しています。柿の実収穫後は関心なく過ごしていたことを恥じました。

f:id:akaibara11:20211125185728j:plain

一挙に色が変化しました(気温差のせいでしょうか?)

 

 

f:id:akaibara11:20211125190020j:plain

柿の木の下で大きく育ったヤツデの花

 

今朝は8時半出発で、オジサン(夫)の定期検診(2017年9月に心筋梗塞以来)に一緒に出掛けてきました。前回の検診でコレステロールが高過ぎのため「栄養指導」があると言うのです。お台所を預かっている私の出番です!
私の注意に聴く耳を持たず野菜根菜類は食べない、残す、薄味に調理しているものに味が薄い、と醤油や塩をかける、朝食のパンにベッタリとバターを塗りたくる、運動はもちろんしない家の中で座ったら地震でもない限り動かない!オジサンのコレステロール値が高くなるのは当然かもと思いつつ、私の反省点もあり良い勉強にな江りました。
栄養指導の先生から厳しく注意を受けて、素直に「ハイ、ハイ」と頷いていてオジサンです。早速私も改めるところを改めて、健康のため頑張るぞ!

 

      f:id:akaibara11:20211020174022p:plain



う~~~ん、コレステロール値ネェ~。

冷蔵庫と冷凍庫の中を見ながら今夜のお献立です。
ブリの切り身、鶏肉(先日おでんに使った残り)、かまぼこ、人参、牛蒡、青菜、椎茸、これだけあればお雑煮の材料になります。
早速ブリの切り身と鶏肉を冷凍庫から出しておきました。


我が家のお雑煮(博多雑煮風?)

□■材料
ブリ切り身   (小切れ)
鶏肉(ササミ)
干し椎茸  もどしておく 
人参    花切り

牛蒡    短冊切り

かまぼこ

こまつ菜
かつお菜の代用)  サッと茹でて4~5㎝に揃えておく

焼き豆腐  木綿豆腐を水切りし3~4㎝角、0.5㎝厚さに切り、

       フライパンで焼いておく。(今日は省略しました)     
まる餅

 

f:id:akaibara11:20211125205547j:plainお雑煮の材料です。(二人分)

 

f:id:akaibara11:20211125205624j:plain

それぞれを一品ずつ串にさします。

 

 

f:id:akaibara11:20211125210152j:plain

出汁は、博多ではあごだしと言われていますが、私は鰹節でとります。

 

 

f:id:akaibara11:20211125210212j:plain

お餅の上に串から外した具をのせて出汁を注ぎます。


□■かつお菜は、
本来は、小松菜ではなく「かつお菜」を使うのが「博多雑煮「の特徴です。
かつお菜=博多に古くから伝わる高菜の仲間である野菜です。茎の部分が鰹節の風味があることからこの名になったと言われています。色は濃緑で肉厚の葉は縮れています。

f:id:akaibara11:20211125222953j:plain

年末になると、スーパに並びます。

f:id:akaibara11:20211125223013j:plain

高菜に似ていますが葉が縮れているのが特徴!




□■ブリは、

「ヤズからイナダ、ハマチ、最後にブリ」という出世魚でめでたい席の料理に使われますが、博多で何故ブリを雑煮に入れるようになったのか諸説あります。
そのひとつとして、博多では嫁の里に年末「嫁さんが、《嫁ぶり》がよい」と大きなブリを1本持っていく風習がありました。そのため正月のお節の材料や雑煮にぶりが使用されるようになったと言われています。
※我が家でも、毎年ブリを1本(大きいものは半身)必ず買い、子供たちはそれを楽しみに帰省しています。
□■餅は、

元旦のお雑煮用にはまる餅を使います。
また、我が家では具を串に刺しておき具材を抜いて椀にいれます。
(具が平等になるように)


 

     f:id:akaibara11:20211020174022p:plain


はやばやとお雑煮の記事失礼いたしました。
オジサンにはお餅が入歯にくっつかないように、お餅を半分にして~(;´・ω・)


今日も、最後までお読みいただき有難うございました。

11月も残りわずか、師走が目前に迫っています。


どうぞお身体に気を付けて、
忙しい師走に備えて下さいネ((ゝ∇・**))ゞ


 

f:id:akaibara11:20211125221220j:plain

いつでも声かけてネ!貸します、猫の手 😼=^_^= 😼



 

 

 

 

 

グリーンパン】お得なクーポンでの購入はこちら

 

 

感動!!久振りに見ました!・・・虹

十何年振りかの素晴らしい虹でした!しかも二重の虹☆彡

11月23日、勤労感謝の祝日の午後です。
定年退職をして久しく、その「定年退職」の言葉すら懐かしく感じる私共に休日も祝日も殆ど変わりのない日常です。舅さんが健在な時代には、必ず掲げていた「日の丸の旗」も何処へやら?の申し訳なさです。
そんな勤労感謝の祭日の午後、コンビニは出かけようと玄関を開けたとたん、パラパラと大きな音です。リビングから眺めた空は雲は多いものの晴れ間も見えていたのに~?
柿の落ち葉にパラパラと落ちる雨粒が弾けています。
北の空は?と空を見上げて~驚きました。
美しい虹が! しかも二重の虹が!(時刻は2時を過ぎて3時07分でした)
夢中で iPhoneで写真を撮りまくりました。

とても感動でしたので、ご紹介させていただきます(^^♪

f:id:akaibara11:20211123172553j:plain
まあるい虹・二重の虹・・・不思議な感覚&感動 ♡❤♡

 

f:id:akaibara11:20211123181133j:plain

夢のような虹でしょ(^^♪

 

f:id:akaibara11:20211123172724j:plain

虹の根っこまでハッキリ、クッキリ見えたことにも感動

 

f:id:akaibara11:20211123172702j:plain

虹の根っこに届きそう!捕まえに行きたくなる~☆彡

 

f:id:akaibara11:20211123181526j:plain

何とな~くまだ降りそな「空模様」

雨粒が小さくなり、やがて止みました。ですが、東南の方向には青空が見えますが、北西の空はまだまだ不穏な重い雲が垂れ込めています。傘を持って出掛けました。
風はありませんが空気はウンと冷たく、手袋が欲しいナ、って感じです。それでも良い姿勢を意識しながらどんどん歩きました。(往復 約3000歩)

コンビニの方と虹の話で盛り上がっていましたら別のお客様も加わり「虹の話」に花が咲きました。久振りに現れた虹は皆の気持ちを感動させる大きな力を持っていました。
何だか嬉しくなり帰路の足取りはより軽く、鼻歌まじりでどんどんtekuteku~。
通のほとりに咲いている小菊も愛らしく微笑んでいるようなホホホ!(^O^)

 

f:id:akaibara11:20211123175716j:plain

野菊の墓」をふと思い出しつつ~。

少しだけの傾斜の道を息を切らせながら、寒いと感じていたこともすっかり忘れて汗ばんでいることにビックリですσ(^_^;)アセアセ...  

虹後の空の様子が気になっていました。
やさしい空の色、薄っすらとまた新しい虹が出ていました。

f:id:akaibara11:20211123182736j:plain

青空の中の虹も泣けます(´;ω;`)ウゥゥ

 

f:id:akaibara11:20211123182646j:plain

東の空です。

 


f:id:akaibara11:20211123182834j:plain

北の空です!


とてもラッキーな2021年11月23日でした♡❤♡

2度も同じ場所で虹を見ることができたのですから(★*U∀Up)♪+゚




  f:id:akaibara11:20211022031204p:plain


お読みいただき有難うございます。
皆様にもご幸運がありますように(人>U<)♪♪


f:id:akaibara11:20211022031431j:plain

虹のあとは、三時のオヤツかニャ?~ 

皆様に、お幸せがありますように (=^・・^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿の実ちぎりと枯れ葉掃除

しばらくブログから離れている間にいろいろと~。

いろいろと申しましても命に関わるような大事件ではありません。ただ個人的雑用に追いまくられてブログに届くことが出来なかった、時間の配分が悪かっただけのことなのです。
秋晴れがしばらく続いてました。我が家の柿の実も熟れて収穫どきを迎えています。
日当たりのよい場所に植えられていた我が家の柿の木は、私共の世代で家の建て替えした際に、柿の木は日当たりが悪くなってしまいましたが、それでも柿の木はドンドン背高ノッポに育ち、たくさんの甘い実を付けて私を喜ばせてくれていました。余りにも大きくなり過ぎて、採ることのできない柿の実が道路にベッタリ落ちて道路に張り付くのです。道路が汚れて道行く人のご迷惑になるからと数年ごとに植木屋さんにバッサリと伐っていただいています。
貫録をなくした柿の木ですが、当たり年とはずれ年を繰り返しながら私たちを楽しませてくれています。

 

f:id:akaibara11:20211122023613j:plain

いつもの年は、柿の葉っぱの紅葉もお見事なのですが~

 

 

f:id:akaibara11:20211122023640j:plain

器量はあまりよくない柿の実さんたち*味で勝負!

 

 

f:id:akaibara11:20211122023708j:plain

採りたての柿の実の表情、何かを訴えているような~


今年ははずれ年なのか昨年よりもうんと数少ない柿の実が赤く熟しました。
高い場所が苦手なオジサン(夫)が恐る恐る脚立に乗って柿の実採りが始まるのです。引き寄せた大きな枝を私が下から引っ張っている間にオジサンがハサミで柿の実を採るのです。普段背中合わせに暮らしているオジサンと私の息が合うはずもなく、脚立に乗ったままのオジサンは思うように動かない私にイライラしています。それも普段のウップン晴らしにピッタリです。
お小言を言われつつも20個ばかりの柿ちぎりを無事に終えました。
毎年数個は鳥さんのために残しておくのがマナー?
「あそこんちの柿の実はウマイジェ」と飛んできた鳥たちが、「なあんだ、イッコモネエジャアネエカ('◇')ゞ」とがっかりしないように。

この柿の木は、私たち親子4人が婚家の両親と同居する頃に裏庭にありましたが、まだ10個ばかりしか実をつけないほっそりスリムな若い柿の木でした。幼かった子供たちの「柿の実採り」は楽しみだったのです。まだ青い柿の実を採って、おじいちゃんからお目玉を食らってベソをかいていた頃の子供たちを思い出します。

 


柿の実を並べて満足そうなオジサンをなだめて、道路に吹き寄せられている落ち葉掃除に誘いました。庭掃除など自分の仕事ではない、と思っているオジサンは不服そうでしたが、きついのはお互い様ですよ、と集めた落ち葉をゴミ袋に詰める係りをしてもらいました。我が家はどんな作業も私の仕事です。
道路清掃が終了後に庭に積もっている落ち葉集めをしました。竹ぼうきとちりとりを持った「レレレのオバサン」です。庭中が落ち葉(ほとんどがケヤキ)の山のようです。

 

f:id:akaibara11:20211122030430j:plain

カサカサと乾燥しています。たき火で焼きいも作りた~い

 

 

f:id:akaibara11:20211122030459j:plain

でっかくなったケヤキの下にも枯れ葉がビッシリ!

 

f:id:akaibara11:20211122030515j:plain

ツワブキの花の時期にも気付かずr( ̄_ ̄;)スマンスマン

 

 

f:id:akaibara11:20211122031117j:plain

風に舞う、謎の浮遊物? 蜘蛛の糸のイタズラ!


熊手でかき集めると、落ち葉の下で元気の良い雑草がぬくぬくと育っているのです、すごく複雑な気持ちになりました。折角心地良く育っている雑草!暖かな覆いをはぎ取られてビックリ!
雑草を引っこ抜くのも躊躇いました。いずれは寒い冬に耐えられなくなり枯れていくのでしょう。だったら、見逃してやるのが人の道!などと思い何となく人情物語!

 

 

    f:id:akaibara11:20211022031204p:plain



 

日暮れの早くなった空は暮れなずんでいます。

腰痛もボチボチ我慢の限界です。



□■□ 
それにしても~~~。
メルカリから、メルペー不正利用の件での返事がないのはどうして?
調査中とのことですが、もう20日を過ぎたのになあ~~~。
どうなってるのかしら?なんて思うのです。
□■□ 



今日も最後までお読みいただき有難うございます。

天候が崩れるとの予報です。
暖かくして、どうぞご自愛くださいませ(^o^)/




f:id:akaibara11:20211108033552j:plain

木枯らしの音聴こえた? ウンニャ、まだ~ (=^・^=)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節はめぐる~桜子のラブストーリー♡❤♡

秋もそろそろ終わり、北国では雪の便りが聞こえる季節!

桜子は日毎に紅色の深さを増していくサクラの木を眺めて、フーッと大きく息をしました。
「桜子」という名前は、12年前に亡くなった母が付けてくれた名前、言わば母の形見のようなものとして「桜子」という名前がとても気に入っていました。


思えば、彼と初めて言葉を交わすようになったのは、まだ吐く息が白くなる寒い朝のことでした。毎朝家の前を急ぎ足で通り過ぎる彼に、「お早うございます!」と思わず声を掛けてしまったのです。
驚いたように、でも笑顔で、「アッ、おはようございます。今朝も寒いですね」と温かい親しみのある声で彼は答えてくれたのです。桜子は感じのいい人だな、とそのとき思いました。以来、毎朝同じ時間に通る彼をまるで待つかのように、桜子は家の前に出るようになり、いつの間にか親しく口を利くようになっていきました。

 

f:id:akaibara11:20211114031431j:plain

花たちから元気をもらいます! 愛の芽生え❤♡❤


サクラの蕾がまだかたく枝先にくっついている3月半ばの頃、彼が3月末で家族のいる大阪へ転勤することになったことを知らされました。桜子は、「ご栄転でしょ、おめでとうございます」と笑顔で答えたものの、少しショックを受けていました。
そのことをきっかけに、お互いを意識するようになり親しみから愛へと、徐々に気持ちが変わっていったのです。
彼のことを想いドキドキ、ソワソワとする気持ちはまるで初恋の再来そのもので、桜子は大いに躊躇ってしまいました。サクラの花が満開を過ぎた頃に、彼は家族の住む大阪へ引っ越して行きました。お別れのご挨拶もしないまま~。

 

f:id:akaibara11:20211114031559j:plain

チラホラのサクラも良いですネ!愛の育み♡❤♡

 

f:id:akaibara11:20211114032013j:plain

何とも優しい色合いにいやされますネ! トキメキ♡❤♡


その後、出張でそちらへ行くのでお会いしましょう!の連絡があり何度か彼と会う機会がありました。また、桜子も夫に言い訳を作って彼に会いに行ったり、旅行を一緒にしたりして楽しい思い出作りをしました。また深夜に電話を掛け合ったり、メッセージを送り合ったりの日々を過ごしていました。彼が仕事で躓いたとき、うまくいったときの話や世間話、政治の話など尽きないくらい電話で話しました。

f:id:akaibara11:20211114033439j:plain

葉桜も柔らかな緑が美しいです。愛のよろこび♡❤♡

f:id:akaibara11:20211114032642j:plain

大きく枝を広げてたくましく!  愛のかくしん♡❤♡

そして、葉桜の時期を経てサクラの葉っぱは逞しく育ち、猛暑の頃には道行く人に安らぎの木陰を与えるようになっていました。
桜子と彼の関係も深くなり過ぎず順調に愛を育んでいました。家族のいる者同士ですから、お互いの家族に迷惑を掛けることがあってはなりません。そのことを二人は守りつつ、少なくとも桜子は彼に夢中になっていました。

夫からは得られないものを彼から与えられ、とても新鮮に思えていたのです。彼からの連絡が途絶えると気持ちが沈み、心の中がぐらぐらと揺らぐのです。いつ壊れてもおかしくない二人の関係に、桜子は怯えを抱くようになっていました。
「男こころと秋の空」?に、桜子は苛立ちさえ覚えることが多くなりました。会えなければより想いが募っていくことをひしひしと感じていたのです。

今年もサクラの木が茜色に染まり、「桜もみじ」と呼ばれる紅葉の時期がめぐってきました。葉っぱ、一枚一枚異なった色合いで紅く、黄色く染まっているサクラの木を眺めながら、いつしか落ち葉となって朽ちていくサクラの葉っぱに自分の行く末を重ねていました。無事に落ち葉の時期を過ごして、寒い冬、そして再び芽生えの時期を迎えて、2回目の「桜もみじ」の季節が再びめぐってきました。
彼との関係は相変わらず、けれども徐々に連絡し合う期間も遠くなっています。最近はイライラと彼からの連絡を待ち望む気持ちにも慣れた桜子は、散り落ちた真紅のサクラの葉っぱを拾い上げて、彼との別れの予感を感じていました。

f:id:akaibara11:20211114033901j:plain

決して同じ色の葉っぱがない妖艶な紅葉 苛立ち?

f:id:akaibara11:20211114033911j:plain

このままでいたい気持ち、あきらめ?終止符.

想像もしていなかった経験をさせてくれた彼に、感謝の言葉を添えてサヨナラを言える自信はないけれど、落ち葉が朽ちてしまうまでに桜子の方から彼に別れを告げようと心に決めたのです。

桜子のラブストーリーの終止符【.】秋止符?

      f:id:akaibara11:20211022031204p:plain



□■□ □■□ □■□
これは、当然のことですが全くのフィクションです。
公園の桜が日毎に染まっていくのを見ていてふと妙なことを想像してしまいました。
このようなことに憧れを抱いているのかも知れませんね!
それほどに平凡な人生、言い換えればそれほどに幸せな日々を過ごしている、ということなのでしょう。
冬を間近に控えて妖艶に紅く燃え尽きるような紅葉を何故だか悲しく思えるのです。
「男こころ」に振り回される女性は、今はもういないのかも知れませんね。

好天が戻ってきましたら、近場の紅葉を観に行きたいと思います。

お読みいただき有難うございます。

今夜も深々と冷えています。

どうぞ暖かくして、お過ごし下さいませヾ(*◕ω◕*)シ♪

f:id:akaibara11:20210929164257j:plain

ニャンだかもの想いにふけっちゃう秋 (=^・・^=)


 

クリスマス&お歳暮に

 

 

 

www.suzette-shop.jp

 

 

 

洋菓子シュゼット公式オンラインショップ



 

 

 

 

 

50万人以上が来店した米沢牛専門店さかの

 

 

猫の目のように、目まぐるしく変わるお天気に🌀🌀🌀

クルクル変わるのは、男こころ?猫の目、それとも?

ザアザアと音を立てて大雨が降っていたかと思えば、スーッと晴れて陽が差したり、だったら、と出掛ける準備をしていると再び大粒の雨が降ってきたり~そんなお天気が数日続いています。
その隙間を狙って、近くの美容室に伸び放題に伸びていた髪のカットに出掛けました。折りたたみ傘を持って~。

予約もしないまま思い付きでの美容室でしたが、空いていて気持ちよくカットをして下さいました。美容室の鏡に写った自分の顔にかなりガックリしながら、それでもスッキリ、私の顔に似合うカットをして下さった美容師さんに感謝です。カットしたては何となく気恥ずかしくて鏡に映った自分に、「よろしく!」なんて挨拶をしたくなるものです。

「うしろから見ると若いですよ!」と軽口をたたく美容師さんとアレやコレやと冗談を交えながらのお喋りも楽しいものです。
カットをしている間に降り続いていた雨は小雨になり、そのうちにほんの少しの青空っが見えています。ほんとうに秋の空は猫の目のようだわ、と独り言ちながら歩いていました。

不思議!ふしぎ!フシギ!
塀の上からヒョイと飛び降りたネコちゃんが私の方に向かって歩いてくるのです。
猫の目を大きく見開いて近付いてくるのです!

f:id:akaibara11:20211112034010j:plain

ここのお家の飼い猫ちゃんでは?可愛いネコちゃん

猫好きの人は猫に分かる、と言われていますが、たいていのネコちゃんとお友達になることができます。
「ネーコちゃん!」と呼びかけると、「ニャ~」と可愛い声で反応してくれます。嬉しくなってしゃがみこんで猫語と人間語でしばらく世間話に花をさかせました。
「最近は、自治会の人の監視が厳しくてほとんどお外に出してもらえないのニャ」
ちょっと寂し気に甘えた声で話していました。「その気持ちわかる~」とワタシ。
「あのね、うちのオジサンがネ、スマホに変えたんだけどサ、大変なのよ」に、ネコちゃんもうんうんと分かってくれたような?

ネコちゃんとサヨナラの握手をして、ひとつ向こう側の通りを曲がりトコトコと歩きました。雨雲は遠く離れて行ったようです。

f:id:akaibara11:20211112034851j:plain

曇り空でさえも、堂々と凛々しい電信柱!
(南東の空)

 

f:id:akaibara11:20211112034923j:plain

ケヤキの紅葉も進みました!




f:id:akaibara11:20211112034943j:plain

ご近所さんの「赤い薔薇」

まだ不穏なお天気が続きそうですね!
テレビで放映される「紅葉だより」を観る度に「紅葉を観たい気持ち」がどんどん膨らんできます。早く行かなきゃ、紅葉が終わっちゃう(´;ω;`)ウゥゥ


最後までお読みいただき有難うございます。

気温が下がっています。
どうぞ暖かくしてお過ごし下さいませ。

 

f:id:akaibara11:20210713034203j:plain

暖かくしてお休みください (=^・・^=)


 



いま1番オシャレな除菌ミストスプレー【Uroom(ウルーム)】

 

 

 

 

 

 

 

 

雨のち曇り、のち土砂降り、雨あがる!

「○○心と秋の空」どころではない天気の変わりように翻弄(オオゲサ?)された1日でした。

朝のうちに降っていた雨が止み、昼食を済ませてゴソゴソと用事を片付けているうちに郵便局コンビニに行く用事ができました。我が家を中心に郵便局は北東に徒歩で7分、コンビニは北西へ徒歩で15分の位置にあります。テクテク、トコトコと両方を歩くと5000歩は歩けるかな?というところでしょうか?
不穏な空模様を察知して、折りたたみ傘を用意して出掛けました。西公園には桜が!中公園にはケヤキがほどよく染まり、その落ち葉で敷き詰められた様子はまことによろしくうっとりといたしました。

f:id:akaibara11:20211110021731j:plain

ほんの束の間の青空でした。(中央公園)

 

f:id:akaibara11:20211110021752j:plain

立冬も過ぎて、秋の終わりを感じさせられますネ!

 

f:id:akaibara11:20211110021808j:plain

素敵な紅葉🍁バスロータリーと併設している中央公園


郵便局で用を済ませて、次はコンビニに向かうぞ!と勇んで歩きかけました。
ほんの数分前までは薄っすらと青空も見えていましたのに、ポツリ、ポツリと大粒の雨が落ちてきました。☂☂☂ いや~な予感です。朝方の雨はひどかったのですから。
予感的中!ポツリ、ポツリはいつしかザア、ザアに変わり足元が濡れてきます。でも引き返すわけにもいかず、雨の中をひたすら楽し気に歌いながら歩き続けました。
  
  ピチピチ、チャプチャプ、ランランラーン ♪d(⌒〇⌒)b♪

コンビニに近付く頃には小雨になり、傘を差さずに歩いてみました。寒さを感じていましたが歩いたせいで汗ばむほど身体は温まっています。ようやくコンビニへ到着です!

傘置き場で知らない男性から、「おかしな天気やねえ、降ったり止んだり、訳分からんねえ。天気も世の中も訳分からんことばかりやねえ、ほんまにねえ!」と声を掛けられて、思わず、「ほんと、ほんとにそうですね!」などと頷き答えていました。
何か気に入らないことでもおありだったのかしら?(フムフム・・・・・・)

それにしても、2日前の青空が不思議に思えます。
福岡に住むようになって半世紀近くなりますが、初めはこの地方の冬空がいつもドンヨリと重い雲に覆われて、とても寒いことに驚きました。夏は南国並に暑く、冬はドンヨリ雲に覆われて日照時間が短くて日本海側の気候に近いと言われています。
九州=南国のイメージとは全く異なる福岡でした。この気候にもすっかり馴染み、良いこと、良くないことを過去に流しての半世紀近い福岡市暮らしです。
ですが、まだまだ博多弁が上手にシャベレンとです。私が博多弁で話すと、「なんかおかしかー!似合わんとねー」とご近所さんが、笑わっしゃーとです。(笑われる~尊敬語・丁寧語です)

コンビニからの帰り道は傘を差さずに、少しコースを変えて歩いてみました。相変わら

ずの腰痛が思い出したようにチクチクと襲ってきます。
明るくなった空に気持ちも明るくなり、立ち止まって腰を伸ばし我が家を目指して再びテクテク、トコトコと~。きれいなお花に出会いました(名前しらず)

 

f:id:akaibara11:20211110024245j:plain

なんだかフンワリ優しい花びらです♡❤♡


    f:id:akaibara11:20211022031204p:plain




いつもお読みいただき有難うございます。

 

雨が上がると気温が下がるようです。
温かくしてお過ごし下さいませ((ゝ∇・**))ゞ 

 

 

f:id:akaibara11:20210724001011j:plain

暖かくしてお過ごしくださいニャ (=^・・^=)